高尾駅舎の移築を見直す請願の署名ができる所Map・12月8日(木)10:00〜 都市環境委員会傍聴が可能です。

0

    高尾駅舎の移築を見直す請願の署名ができるところ

    高尾駅舎の移築を見直す請願の署名ができるところ

    全て高尾駅北口下車3分以内です。

    地図に赤字A~Eで示しています。

    A:浅川食堂:月・火休み 水〜金15:00~21:30 土・日14:00~21:30

    B:玉川亭:不定休 11:30~18:00

    C:いまここカフェ杜丸:水休み 11:00~18:00 ただし12/3/4の土・日は、西八王子のイベント参加のため高尾のカフェは休み。イベント会場でも署名できますが、場所等の詳細は、HPでご確認下さい。

    D:手作りパン ウエスト:月・火休み 6:00~19:00 日曜日は少し早めに閉めることがあります。

    E:goto. Roon 18%:12月は2日〜18日の金・土・日のみオープン 11:00~18:00

     

    なお、この請願が審議される12月8日前日までに追加の署名提出が可能です。

    署名は上記の各場所及び個人から、12月6日夜に回収、整理して7日に提出されます。

     

    12月8日(木)10:00〜 都市環境委員会傍聴のご案内

    ここで高尾駅舎の移築を見直す請願が審議されます。

    途中、委員会はいったん中断し、議事録に残さないので休憩時間をとるというかたちで意見陳述が認められるそうです。

    高尾駅舎の現地保存を願う会代表 吉澤常雄さんが意見陳述をします。市内に限らず、どこにお住いの方でも傍聴可能です。多くの方が傍することで、ことの重大さをアピールできると思います。みんなで傍聴に行きませんか。

    八王子市役所議会棟、正面右手のエレベーターに乗って、3階です。議会事務局で、傍聴したいと申し出て、手続きの説明を受けるそうです。

     

    当日は議案が多くはないので、委員会が10:00に始まって、そう長くはかからずに意見陳述になるようです。


    みんなの高尾駅 写真展 2016 開催延長

    0

      みんなの高尾駅 写真展 2016 開催延長しています。

      いちょう祭りの二日間だけの予定でしたが、ご好評いただき11月26日(土)まで開催しています。

       

      今日まで時間が不定期でしたが、最終日は11:00~16:00です。

      お立ち寄りください。

       


      みんなの高尾駅写真展2016

      0

        いちょう祭り展示

        2016年11月19日(土)、20日(日)は八王子市いちょう祭りです。

        今年も高尾駅をテーマの展示をしています。

        昨日は雨で、祭り参加者は少なかったのですが、それでも多くの方にお立ち寄りいただきました。

        ありがとうございます。

        今日は黄葉したいちょうが日差しを浴びて美しいです。

        ぜひお立ち寄りください。


        Photo-Intaglio 2016

        0

          写真と印刷と版画・・・持てる知識と技術を全部使っています。
          写真製版で凹版を作り、好きなインクを詰めてエッチングプレスで刷ります。

          女子美術大学夏期講座の3日間、みんな一緒に制作したけれど、

          どの作品も誰のものにも似ていない。15人の展覧会。

          お楽しみください。

           


          高尾駅を知ろう その2 会場:浅川市民センターへの地図

          0

             

            浅川市民センター

            住所:八王子市高尾町1652-1

            高尾駅北口下車、徒歩8分

            高尾駅北口を出て目の前を横切る甲州街道を北側に渡って高尾山方面へ。

            しばらく歩くと右手に「大用商店」という荒物屋があります。そこを通り過ぎ次の角に大きな猫の写真のKANEKO酒店。

            その角を入ってまっすぐ行くと正面に浅川市民センターがあります。

            9月24日(土)の浅川発見雑学講座「高尾駅を知ろう その2」の会場です。

             


            高尾駅を知ろう その2 浅川発見雑学講座

            0

              高尾駅を知ろう その2

              JR中央線高尾駅北口駅舎は、1927年に浅川駅(当時)2代目駅舎として約90年間この地で親しまれ、歴史を刻み続けています。

              浅川地区社会教育推進委員会は、毎年テーマを決めてこの地域周辺の歴史や自然を中心に、ずっと大切にしたいもの、忘れられてしまいそうなものを、人々の記憶をたどりながら知る試みとして、「浅川発見雑学講座」を開催しています。まさに生きた歴史と知識を経験者から聞くことができる楽しい講座です。

              今年のテーマは「高尾駅」。特に寺社風建築の駅舎として珍しく、関東の駅100選にも最初に指定された北口駅舎をもっと詳しく知ろう!という内容です。

              5月の第一回目は、八王子市郷土資料館の小林先生による、八王子の鉄道の歴史を中心にそのなかでの高尾駅についてのお話しでした。

              二回目の今回は、高尾駅に勤務するJRの駅員の方々から、構内にも残る貴重な歴史遺産や現在の高尾駅での試みなどのお話しを聞くことができます。

              事前予約の必要はありません。当日直接会場へ。


              ツバメ、今年もみた?みた!みた!展2016は終了しました。 

              0

                ツバメ展示終了

                皆様にご協力いただいた塗り絵は200枚を超え、3週間の展示を終えてギャラリーを巣立って行きました。

                6000キロ以上離れた南から渡ってくるツバメの渡りをイメージした展示はご高評頂き、参加者の大きな励みになります。

                町ではまだ子育てが続いています。

                6000キロを飛んで帰る秋まで、あちこちの空で見かけます。

                ツバメをきっかけに、気づき、つながり、会話がはずめばいいなと思っています。

                お越しいただいた皆さま、遠くから応援してくださった皆さま、ありがといございました。

                また来年ツバメがギャラリーに集まりますように。

                 


                やっと親ツバメが雛を見つけた。

                0

                  親子再開記事

                  巣が落ちた日は夜まで何度も駅へ様子を見に行った、

                  親ツバメが見当たらない。

                  翌朝6時前からしばらく見ていたら,6:25にやっと親?ツバメが雛の入った箱が置かれた糞受けの板に留まった。

                  雛は羽をバタバタさせて口を大きく開けてなくが、親は何もしない。

                  もう一羽来て、2羽で顔を見合わせる。

                  1羽が飛んでいく。

                  数羽が来て周りを警戒音を出しながら飛び回った。

                  また1羽が板の端に留まり、少しして雛の口へ顔を入れたが、餌をやった様子はない。

                  もうしばらくして、もう1羽が来て、同じような行動とった。

                  そして2羽ともいなくなった。

                  6:501羽が戻ってきて、雛の口に餌を入れたようだった。

                  親が飛び立つと、雛の口が少し動いていた。
                  よかった!がもらえた。


                  高尾駅ツバメの巣崩れる。

                  0

                    巣落下記事
                    高尾駅北口駅舎のツバメが営巣し、駅では乗降客に見守りのためのポスターを準備してくてらことを、

                    5月12日に投稿しました。

                    その後6月9日の東京新聞多摩版で、子育ての様子が伝えられました。

                    その巣が落ちてしまい、4羽いた雛が次々と落下してしまいました。

                    そして残った1羽の雛と、親ツバメの様子が、連日東京新聞で報じられています。

                    その後の記事も引き続き投稿します。

                     


                    つバメ、今年もみた?みた!みた!展2016

                    0

                      ツバメ展03
                      三年目のこの企画、ご来場いただいたかたから、「毎年良くなるね。」と

                      言っていただき、感激です。

                      参加者の皆さんの力作のおかげです。

                      はじめにお知らせすることなのに、今頃の投稿で参加者の皆さまごめんなさい。

                       

                      今年の参加者を紹介します。(敬称略)

                      人工巣、ポストカードなど:小川美奈子

                      ツバメとサクラの回文絵本:オカミキコ

                      草の写真:gotofumiko

                      アメリカからツバメ通信:奈津子 Smoot

                      木工ブローチなど: TSUBO

                      七宝ツバメブローチ:土田善太郎

                      ビーズアクセサリー:marikori

                      絵本「おじさんとつばめ」・モビールなど:まつどふみこ

                      ツバメクッキー:micky's cafe

                      布雑貨:村井直子

                      あみぐるみ:モチポナ

                      シルクスクリーンプリント手ぬぐいほか:弥生一葉

                      ツバメ実物大ウッドカービング:川上恚

                       

                       


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << November 2016 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM