スポンサーサイト

0
    • 2016.06.28 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ツバメ、今年もみた?みた!みた!展2016は終了しました。 

    0

      ツバメ展示終了

      皆様にご協力いただいた塗り絵は200枚を超え、3週間の展示を終えてギャラリーを巣立って行きました。

      6000キロ以上離れた南から渡ってくるツバメの渡りをイメージした展示はご高評頂き、参加者の大きな励みになります。

      町ではまだ子育てが続いています。

      6000キロを飛んで帰る秋まで、あちこちの空で見かけます。

      ツバメをきっかけに、気づき、つながり、会話がはずめばいいなと思っています。

      お越しいただいた皆さま、遠くから応援してくださった皆さま、ありがといございました。

      また来年ツバメがギャラリーに集まりますように。

       


      やっと親ツバメが雛を見つけた。

      0

        親子再開記事

        巣が落ちた日は夜まで何度も駅へ様子を見に行った、

        親ツバメが見当たらない。

        翌朝6時前からしばらく見ていたら,6:25にやっと親?ツバメが雛の入った箱が置かれた糞受けの板に留まった。

        雛は羽をバタバタさせて口を大きく開けてなくが、親は何もしない。

        もう一羽来て、2羽で顔を見合わせる。

        1羽が飛んでいく。

        数羽が来て周りを警戒音を出しながら飛び回った。

        また1羽が板の端に留まり、少しして雛の口へ顔を入れたが、餌をやった様子はない。

        もうしばらくして、もう1羽が来て、同じような行動とった。

        そして2羽ともいなくなった。

        6:501羽が戻ってきて、雛の口に餌を入れたようだった。

        親が飛び立つと、雛の口が少し動いていた。
        よかった!がもらえた。


        高尾駅ツバメの巣崩れる。

        0

          巣落下記事
          高尾駅北口駅舎のツバメが営巣し、駅では乗降客に見守りのためのポスターを準備してくてらことを、

          5月12日に投稿しました。

          その後6月9日の東京新聞多摩版で、子育ての様子が伝えられました。

          その巣が落ちてしまい、4羽いた雛が次々と落下してしまいました。

          そして残った1羽の雛と、親ツバメの様子が、連日東京新聞で報じられています。

          その後の記事も引き続き投稿します。

           


          つバメ、今年もみた?みた!みた!展2016

          0

            ツバメ展03
            三年目のこの企画、ご来場いただいたかたから、「毎年良くなるね。」と

            言っていただき、感激です。

            参加者の皆さんの力作のおかげです。

            はじめにお知らせすることなのに、今頃の投稿で参加者の皆さまごめんなさい。

             

            今年の参加者を紹介します。(敬称略)

            人工巣、ポストカードなど:小川美奈子

            ツバメとサクラの回文絵本:オカミキコ

            草の写真:gotofumiko

            アメリカからツバメ通信:奈津子 Smoot

            木工ブローチなど: TSUBO

            七宝ツバメブローチ:土田善太郎

            ビーズアクセサリー:marikori

            絵本「おじさんとつばめ」・モビールなど:まつどふみこ

            ツバメクッキー:micky's cafe

            布雑貨:村井直子

            あみぐるみ:モチポナ

            シルクスクリーンプリント手ぬぐいほか:弥生一葉

            ツバメ実物大ウッドカービング:川上恚

             

             


            ツバメ、今年もみた?みた!みた!展2016

            0

              ツバメ展02
              長いと思っていた3週間の展示ですが、最終週になりました。

              今年のテーマ「渡り」の展示も、皆様にご協力いただいたぬり絵でいっぱいになってきました。

              目標の200枚までもう少し。

              お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りください。


              ツバメ、今年もみた?みた!みた!展2016 始まります。

              0
                ツバメ展-東京新聞20160609
                写真をクリックすると大きくなります。

                今年で3年目になるツバメをテーマにした展示です。
                企画のきっかけは、春になると高尾駅前の広場の空を飛んでいたツバメの姿が見当たらないことに気づいたことでした。
                特に、いつもは駅舎の正面ど真ん中の軒下に巣があり、季節になると「頭上注意」の駅員さん手書きの貼り紙が手すりに貼られていたのに、それも全く貼られなくなりました。当然です、だって来なくなっていたんですから。
                理由を知りたくて。そして、またツバメが来る町になったら素敵だと思いました。
                「ツバメきたね!?」「・・・さんちにきてたね。」こんな会話が挨拶代わりに交わされる町は素敵だし、そこの日常は楽しいに違いありません。そしてそれは私が育った町の日常でした。

                今年は、ギャラリー前のバス停の屋根の下の蛍光灯の上に、巣が出来ました。
                でも落とされてしまいました。
                カラスらしいです。
                実際、その翌日もカラスがその巣をめがけてジャンプしたのを見て、あわててドアを開けて飛び出しました。
                そしたらカラスは逃げました。
                もう卵も雛もいないはずなのに、2度も巣を襲うのでしょうか?

                今年来て巣立つところもあれば、巣立てないところもあります。
                でも、ツバメのことも知って、気にして見守ることのきっかけになれば嬉しいです。
                いよいよ明日から始まります。
                26日までの週末金・土・日のみの開場です。
                明日初日は展示参加者のうち5名が在廊します。
                ぜひお越しください。



                 

                高尾駅にツバメが戻ってきた!そして・・・

                0

                  高尾駅にツバメ
                  この時期になると、高尾駅にツバメが巣を作り子育てする様子がいつも見られた。
                  何年か前から、全く来ていないことが気になって「ツバメ、今年もみた?みた!みた!」展を企画した。
                  今年で3年目。
                  昨年、駅舎のそれまでとは違う場所に営巣し、無事巣立っていった。
                  そして今年、先週から以前と同じ駅正面のど真ん中の軒下に巣作りが始まっていた。
                  昨日、たまたま駅のスタッフが下に落ちたものを気にしながら通る様子を見かけた。
                  そして今日の午後、仕事から帰ってきたらこの張り紙。
                  よかった!
                  見守ってくれるのだ。
                  これも以前と同じ。
                  この時期いつもここに頭上注意の張り紙があった。
                  以前はマジックで手書きだったけれど、今年から絵付きで出力。
                  親が雛に餌をやるシーンのイラスト。
                  高尾駅はやさしい。


                  高尾駅を知ろう

                  0
                    高尾駅を知ろう
                    浅川地区教育推進委員会が毎年「浅川発見雑学講座」という地域を知るための講座を開いている。
                    地域を知るためって、ちょっと面白い企画だと思う。
                    住んでいればその地域のことをよく知っていると思ってはいけない。
                    実は何も知らないことも、何も知らない人も多い。
                    特に現在目にすることができない、過去の出来事や昔はあったけれど今はないものなどについて、
                    この地域の昔からのことをよく知る人にお話を伺う、という感じの楽しい講座が多い。

                    今年のテーマは「高尾駅」。
                    写真にもあるように、JR高尾駅北口駅舎についてです。
                    でもこれは過去のものではありません。
                    今も毎日使っている現役の駅舎です。
                    なのにこれをこれから知ろう!という企画。

                    なぜ?
                    だってこの駅舎、来年の春には解体が始まる計画があるのです。
                    そのこともあまり知られていない。

                    そう!こんなに立派で目立つのに、いったいこれがどうしてここにできたのか、なんでこんな形なのか、
                    本当のことを知る人はあまりいません。
                    もしかしたら一人もいないかも知れない。

                    いろいろ調べてみると、分かってきたこともあるのです。
                    約90年前に、大正天皇の大喪のために新宿御苑に建てられた仮駅舎を高尾に移築したものです。
                    ということで、詳細は講座で明らかになるか・・・?
                    楽しみです。
                    もっと知れば、ここにあり続けるべきだと分かるはず・・・。

                    ご興味のある方、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
                     

                    平林達也写真展 霊気満山〜高尾山〜 終了しました。

                    0
                      平林達也写真展 霊気満山〜高尾山〜
                      5月8日(日)をもって終了いたしました。
                      毎日沢山の方にお越しいただきました。
                      平林氏によるギャラリートークでは、大雪の中での撮影、大雨の後の不思議な現象、日の出に間に合うように重い機材を担いで駆け上がった日のこと。楽しく、またいろいろ考えるきっかけになりました。
                      ずっとそこにあったのに気がつかなかった高尾山の本来の姿を、写真を通して感じることができたように思います。
                      そんな時間を共有してくださったみなさま、ありがとうございました。
                      そして、4日間ギャラリーで高尾山や写真のことを丁寧に話してくださった平林氏に感謝しています。
                      展覧会の終わりは寂しく感じます。
                      でも次へ向けてゆっくりもう一歩前へ、と思っています。
                       

                      平林達也写真展 霊気満山〜高尾山〜が東京新聞都心版で紹介されました。

                      0
                        霊気満山ー東京新聞都心版
                        広告とぴったり!
                        短縮された記事ですが写真も掲載されて、ちょっと違った高尾山が伝わるでしょうか。
                        写真から、もともとは信仰の山であることを感じます。
                         

                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << August 2016 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM